使用方法・お客様の声

「新特別急酵」 の使用方法

「新特別急酵」は、畜ふんに直接散布する資材。下記の使用量および使用上のポイントに注意してお使いください。

使用量

約10㎥の畜糞に対して1袋を添加
(液体タイプの場合は、1本をお持ちの設備に合わせて
                   5~100L程度の水で希釈して使用)

堆肥化形式

堆肥化形式によらず、常に10㎥に対して1袋を使用
(液体タイプの場合は1本)

堆肥化形式例

1.レーン式(直線、エンドレス)
2.ピット式
3.縦型コンポスト

使用上の ポイント
 

実際の使用例

 
ピット形式

①搬出した畜糞10㎥に対して、1袋の「新特別急酵」を散布
(生糞と副資材とを攪拌する際に、資材も同時に混合)

②ピット式発酵槽に投入して発酵処理
(生糞・副資材・「新特別急酵」をピット内で混合するケースもありますが、
この場合でも何ら問題ありません)

ピット形式   ピット形式
     
レーン形式

①直線レーン・エンドレスレーンともに、発酵に適当な水分調整後レーン内へ糞を投入

②上部に「新特別急酵」を散布して、攪拌装置にて混合
(散布量は、おおよその投入量10㎥に対して1袋を散布)

レーン形式   レーン式発酵槽
   
新特別急酵 使用方法PDF
 

お客様の声

特集|01新特別急酵が生みだす、環境に優しい “地域内資源リサイクル”とは!
 
お問合せ   堆肥化時の悪臭を90%低減 豚ふん用消臭剤 豚レスキュー